気が付いたら膨らみすぎてしまった借金、ご相談ください


当サイト、債務整理鹿児島.jpをご覧いただき、誠に有難う御座います。多重債務によって返済が困難になった借金など、人には相談しづらいお金の悩みをお聞きします。まずは無料相談をご利用ください。



任意整理について



一人で悩まずに、是非一度ご相談ください。経済状況や借金の状況を熟慮した上で、借金問題の解決に向けての最適なプランを提供させてもらいます。
過払い金について



貴男が返済していた利子は、もしかしたら払う必要の無いものだったかもしれません。少しでも心当たりがある方は、ぜひ一度ご相談頂きたいです。
自己破産について



自己破産と聞くとネガティブな印象がありますが、借金の取り立てのストレスから解放される債務整理の一つです。お気軽にご相談ください。
個人再生について



体験談のご紹介です

投稿者:P様・鹿児島県・28歳・女性

現在結婚して6年目の鹿児島県在住の主婦です。
私の夫には結婚する前から借金がありました。
高校を卒業後、専門学校に通うために一人親元を離れて鹿児島で生活を始めた夫は勉強もアルバイトも真面目にでしたが、遊びに・趣味に・・・。家からの仕送りもなく、アルバイトだけで生計を立てていた夫は、いつの間にかに鹿児島の消費者金融からお金を借りていました。
借りては返して、借りては返しての繰り返し。気づけば4社から限度額いっぱいの借金をしていました。
そればかりか、毎月の支払いを終え、財布にお金がなくなると私にも「金を貸して欲しい。」というようになりました。

そんな生活をしていたにも関わらず、就職が決まると結婚しました。
アルバイトをしていた時よりも給料は倍にはなりましたが、収入のおよそ半分以上、もっと言えば給料が20万のうち10万から15万ほど借金の支払いに充てていました。
そんな苦しい生活のなかで私は自分の貯金を切り崩し、車や洋服、売れるものはなんでも売ってお金に換えてしのいできました。
今までは「こんな話友達にも親にもできない。」と悩みに悩んできましたが、ある日、鹿児島から地元に戻り、久しぶりに食事をした知人にポロっと愚痴ってしまいました。
「ああ、ついに口から出てしまった。」そう思いながらも、何故か親身に話を聞いてくれる知人に、私は生活の全てを話していました。
すると知人の口から、「債務整理をするといいよ。」と言われました。

その知人には弁護士の友人があり、債務整理をしてきた人たちの話を聞いた事があるとか・・・。
紹介してくれると言われましたが、私本人の事ではなく、夫の事であったことと、住まいが鹿児島ですので友人の紹介はお断りをしましたが、私は家に帰ると債務整理についてインターネットで検索。おおまかな要点だけわかるとすぐさま夫に相談しました。
ですが、家計を私に任せている夫には自分の借金であれ、債務整理には全く興味を持ちませんでした。

私が小さい子どもを抱えながら家業の手伝いや内職をしつつ、貯金を切り崩してやり繰りしているのにも関わらず、「債務整理なんて面倒くさいし、生活できてるからいいじゃないか!」と、そんな事を言うのです。
私は通帳・キャッシュカード・印鑑を食卓の上に置き、家を出ました。
2ヶ月程たった時でしたか、夫から連絡が。
「○○弁護士事務所から手紙が来たよ。」
私は急いで家に帰りました。ちゃんと債務整理について考えてくれてたんだ!!よかった!!

全ての債務整理が終わるのに3年弱かかりましたが、今では家族も5人になり、『お金はないけど、借金もない!』そうやって笑って幸せに過ごしています。
本当に債務整理をさせてよかったと思っています。

Copyright © 債務整理鹿児島.jp All Rights Reserved.